【由良川】アマゴ釣り 16日午前6時解禁

2020年03月12日

 京都府福知山市内記一丁目に事務所を置く由良川漁業協同組合(瀬野照義組合長)は、16日午前6時、管内の由良川支流でアマゴ釣りを解禁する。毎年、渓流釣りを多くの人に楽しんでもらおうと、前日に放流をしており、今年も約1万匹を放す。

 アマゴは白身の渓流魚で、釣りたてを塩焼きで食べるとおいしい。釣りではイクラ、川虫などを使い、小気味よい引きが楽しめる。

 放流場所は例年通りで、市内では夜久野、三和、大江、三岳などの11河川。舞鶴、綾部両市の4河川でも放流する。過去の豪雨災害などの影響で工事をしている場合は場所を変更する。

 アマゴ釣りには遊漁券が必要で、市内の釣具店などで購入できる。年券が5千円、日券は1千円。アユなども対象の年券は1万円になる。

 放流場所は15日夕方ごろから、組合のホームページで確認できる。問い合わせは漁協事務所、電話0773(22)2844へ。

週末の舞鶴湾の潮位
 【14日】満潮=6時2分(10センチ)、17時25分(12センチ)▽干潮=12時1分(マイナス1センチ)
 【15日】満潮=7時23分(6センチ)、18時(12センチ)▽干潮=0時53分(マイナス13センチ)、12時28分(3センチ)


写真=アマゴ釣りが解禁される(資料写真)

Tweet

春の購読キャンペーン

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。