「掘るのに疲れました」と笑顔 大きなタケノコ75センチ、7.8キロ

2022年05月02日 のニュース

 京都府福知山市報恩寺の竹林で、杉之下敏郎さん(68)=内記五丁目=が、全長75センチの大きなタケノコをこのほど掘り出した。太い部分の直径は20センチで重さは7・8キロ。穂先までしっかりと地中に埋まっており、傷つけないように慎重に掘り進めた。

 杉之下さんは、延べ20アールでタケノコ栽培をしていた義理の両親を手伝い、両親が亡くなった19年以降は、家族とともに後を継いでいる。今季は26日までに330・7キロを出荷した。

 これまでも50センチほどのサイズはよくあったというが、ここまでの大きさは初めて。「掘り出すのに20分ぐらいかかって疲れましたが、きれいに掘れたのがうれしい」と収穫を喜ぶ。地元の集荷場へと持ち込んだものの、あまりにも“規格外”で、出荷できなかったという。

 

写真=大タケノコを持つ杉之下さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。