鬼博物館30周年に特別企画 福知山市がCFで寄付を募集

2022年03月03日 のニュース

 京都府福知山市は、日本の鬼の交流博物館(大江町佛性寺)が、開館30周年を迎える来年に実施する特別企画を盛り上げるため、ふるさと納税を活用したクラウドファンディング(CF)で寄付を募っている。目標額は100万円。

 鬼博は大江山の山中にある河守鉱山跡地に造られ、旧町時代の1993年に開館した。大江山の鬼退治伝説にまつわる品々のほか、世界中の鬼の資料を所蔵、展示している。

 アニメ「鬼滅の刃」のヒットの影響で、鬼博を訪れる人が一時増えたが、新型コロナウイルス感染の拡大で臨時休館になったりして、鬼や鬼伝説のPRの機会が減ってきている。

 寄付は、ふるさと納税運営サイト大手の「さとふる」のクラウドファンディングページで募っている。返礼品は額に応じて、鬼の酒呑童子や源頼光らの特製アクリルスタンド、鬼おにマスク、厳選鬼みやげなどを用意した。

 集まった寄付金は特別企画の事業のほか、鬼に関する講演会やワークショップの開催費用にあてる。1日現在、29人から39万5千円が集まっている。寄付は31日まで受け付ける

 

写真=来年特別企画をする日本の鬼の交流博物館

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。