テイクアウトで人気「鬼喰うバーガー」 豚肉や煮卵など使い、大江山グリーンロッジ

2021年12月14日 のニュース

 京都府福知山市内で、大江山の酒呑童子伝説にちなみ鬼に関するご当地商品として、ハンバーガー屋カレーが販売され、食で鬼のまちをPRしている。

 第三セクター・大江観光(佐古明勇社長)はハンバーガーを作り、大江山の中腹・佛性寺の大江山グリーンロッジで販売している。商品名は「鬼喰(おにく)うバーガー」。豚肉や煮卵などを使ったご当地バーガーで、観光客らから人気を集めている。

 大江観光はこれまでロッジの食堂で、日帰りの観光客らを対象に、うどん、そば、親子丼などを出していたが、子どもや外国人にも食べやすいようにメニューを刷新した。

 ハンバーガーも新しくメニューに加えることになったため、大江ならではのものをと、「鬼」と「お肉」を合わせたネーミングのバーガーにした。

 バンズ(丸パン)に甘辛く炒めた豚肉と煮卵、キャベツを挟み、マスタードとマヨネーズで味付けしている。7月から販売しているが、夏の時期はテイクアウトの利用が多く、二瀬川に水遊びに訪れた親子連れらが買い求めていた。

 価格は500円(税込み)。鬼喰うバーガーを食べた市内の女性は「お肉の味がしっかりとついていて、ボリュームもあります。キャベツも多いので健康的です」と言う。

 大江山グリーンロッジの総括管理者、倉橋暢宏さん(48)は「誰にでも食べていただける味を意識して作りました。すぐにできるので、持ち帰り用としてお買い求めいただけたらありがたい」と話している。

 このほか、おかか和えご飯で作ったおにぎりの中に煮卵を入れた「鬼玉子にぎり」(税込み250円・土日限定)やフライドポテト、ソフトクリームなどもそろえている。


写真=はみ出すほどたくさんのキャベツを使っている「鬼喰うバーガー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。