道の駅で西日本初 丹後王国「食のみやこ」にグランピング施設

2021年12月05日 のニュース

 豪華なテントでキャンプをするグランピングが、アウトドアブームの中で人気を得る中、西日本の道の駅で初めてのグランピング施設が16日、道の駅丹後王国「食のみやこ」(京都府京丹後市弥栄町鳥取)でオープンする。

 丹後王国は甲子園球場8個分の広さがあり、西日本最大級の規模の道の駅。敷地内には複数のレストラン、丹後の食材を扱う物産店、小さな動物園などがある。中心施設の一つが、丹後の食と天然温泉を楽しめるホテル丹後。グランピングは、ホテルの新しい宿泊プランとして開設した。

 広さ38平方メートルある半球形の大きなテントで宿泊。中にはベッドやいすなどが備えてあり、利用客はくつろぎながら過ごせる。

 食事は京都府のブランド豚「丹波高原豚」や丹後ならではの海の幸、旬の野菜などを使ったバーベキューを提供。カニ懐石料理なども選べる。ホテル内の天然ラジウム温泉大浴場を利用できるほか、年中実施している園路などのイルミネーションをゆっくり楽しめる。

 一日1組(最大4人)限定で、1人2万2000円から。ホテル丹後は電話0772(65)4567。
 
 
写真=ホテル丹後に付随して開設したグランピング施設

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。