「野球は楽しい」 知的障害者の軟式チーム、名前は「スマイル」

2021年10月13日 のニュース

 京都府福知山市に、知的障害のある人たちの軟式野球同好会「中丹スマイル」がある。「勝つための野球ではなく、メンバーが楽しめるチームづくり」がモットー。週1回の練習は、真剣ながらも笑顔が絶えない。

 誕生したのは18年前の10月。学童野球チームの上豊ボアーズで監督経験のある和田正文さん(62)が、知人の和久正伸さん(67)とともに立ち上げた。和田さんは長男と三男が知的障害、和久さんは次男がダウン症で、3人を含む小、中学生5人で始動した。

 野球の技術が上達する以外に、集中力もつくといい、練習を始めると中丹支援学校の児童、生徒や卒業生らが相次いで加入した。昨年には過去最多の16人が所属。現在は17歳~33歳の11人が、雨天以外は毎週日曜日に午前9時から正午まで、支援学校グラウンドで練習に励んでいる。

 練習のほかに年2~4試合、支援学校の教職員チームや近隣市の学童チームなどと、対外試合をしている。

 メンバーの女性(23)=綾部市=は「バッティングで外野まで飛んだときが、とてもうれしいです。ずっと続けたい」。結成当初から所属する和久さんの次男、昌晃さん(31)は「野球は楽しいし、やめたいと思ったことはありません。新しい人にも入ってほしい」と話している。

 年会費は1千円で、年齢制限は設けていない。事前連絡なしで見学ができる。和田監督は「一緒に野球を楽しみましょう」と呼びかけている。


写真=練習に励むメンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。