ヘチマも野球が見たい? 市民体育館屋上まで育ち球場一望

2021年09月25日 のニュース

 京都府福知山市和久市町の市民体育館で、ヘチマが会議室側の壁で成長し、立派なみどりのカーテンが完成した。つるは屋上に到達していて、大きな実をたくさん付けている。屋上は、すぐそばの福知山球場が見下ろせる絶好の場所。施設職員は「ヘチマも野球が見たいんでしょうか」と、想像を膨らませている。

 体育館を管理する市スポーツ協会は、ヘチマとゴーヤの苗を福知山環境会議から譲り受け、会議室がある西側の壁で、毎年育てている。ゴーヤは例年うまく成長していたが、ヘチマはダンゴムシに新葉を食べられ、大きく育ったことはなかったという。

 今年は誘因殺虫剤を用意し、害虫対策をしたことで、すくすく成長。壁一面にびっしりつるが伸び、約4・5メートルの壁を伝って、屋上にまで届いた。ゴーヤも同じく成長し、たくさんの実をつけた。

 協会専務理事の芦田收さん(61)は「堆肥をやったりして、大事に世話したかいがあり、大きく育ってくれました。球場の利用が制限付きで再開され、屋上のヘチマの実は特等席で野球観戦でき、うらやましいですね」と話している。
 
 
写真=屋上で大きな実をつけるヘチマ

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。