広がる白いじゅうたん 長田段でソバの花見ごろ

2021年09月26日 のニュース

 京都府福知山市長田段、野台田郷管理組合(大西正光組合長)が管理する畑で、ソバの花が見ごろを迎えている。白い小さな花が一面に広がり、まるでじゅうたんのよう。10月上旬ごろまで楽しめる。

 そば事業部が2015年から栽培を始め、徐々に規模を拡大。現在は約4・7ヘクタールの畑が広がっている。今年は雨の影響で種まきが遅れ、開花が10日ほどずれているという。

 大西組合長(64)は「畑が密集していて、迫力のある風景が見られると思うので、ぜひ訪れてみてください。10月下旬には収穫を始める予定で、今年もよいソバができるのを、楽しみにしています」と話している。

 場所は、西日本JRバスの砂子池バス停の南で、ほ場のあぜ道を歩いて見学ができる。車の場合は、砂子池グラウンドの駐車場を利用する。
 
 
写真=ソバの白い花が一面に広がっている

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。