熱海市の土石流災害受け砂防堰堤を緊急点検 京都府土木事務所

2021年07月17日 のニュース

 静岡県熱海市で発生した土石流災害を受け、京都府中丹西土木事務所は、福知山市内の砂防堰堤の緊急点検をした。今年度中の点検を予定している33基のうち、人家に近い夜久野町内の9基を前倒しして、15日までにすべて完了。異常などは見られなかった。

 熱海市では、1日から3日にかけての大雨で、大規模な土砂災害が発生。山間上部の谷を埋め立てた大量の盛り土が崩落し、被害を拡大させたとされている。これを受け府は、災害を未然に防ぐ目的で、砂防などの緊急点検に取り組んでいる。

 福知山での点検もその一環。河川砂防課の職員が、夜久野町畑の桑村川、今西中のセドノ奥川など、砂防堰堤計9基を見て回った。最終日に訪れた高内の新庄谷川では、土砂の堆積状況や山の崩壊が無いかなど、念入りにチェックしていた。

 また府が施工している谷河川、大呂川の両砂防工事、大江町三河の急傾斜地崩壊防止工事現場の計3カ所、三段池、豊富用水池といった大規模な農業用ため池15カ所の点検にも、土木事務所などが取り組み、異常は確認されなかった。

 

 

写真=新庄谷川砂防堰堤の点検をする職員

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。