成美ソフトテニス男子 団体、個人でインターハイ

2021年06月20日 のニュース

 京都府福知山市水内の福知山成美高校ソフトテニス部が、府高校選手権大会の男子団体で優勝するなど、好成績を収めた。男子は団体、個人とも全国高校総体(インターハイ)への出場を決めたほか、女子団体、個人は近畿大会の出場権を獲得した。

 府大会は5、6両日に京丹波町で行われ、団体は男女各24校、個人は男子96組、女子103組が出場。トーナメント戦で争った。男女ともに、団体は優勝、個人は上位6組がインターハイに、団体ベスト10、個人の上位16組が近畿への切符を手にした。

 男子の東・三方組は「インターハイは悔いの残らないよう、全力を出し切りたい。団体はベスト8、個人ではベスト16をめざします」と意気込む。

 近畿大会は、7月17日から19日にかけて、和歌山県白浜町で開催。インターハイは、同月29日から31日にかけて、石川県能登町で行われる。

写真=インターハイと近畿大会への出場を決めた成美高男子ソフトテニス部

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。