イノシシ害乗り越え、色とりどりに150株 石原の洞玄寺でボタンの花が満開に

2021年04月23日 のニュース

 ボタン寺として知られている京都府福知山市石原、曹洞宗洞玄寺(渡辺英俊住職)で、ボタンの花が満開となっている。例年より10日ほど早く、大ぶりの花が周囲を彩っている。

 檀家が両親の供養にと、1978年に50株を植えたのが始まり。200株まで増えていたが昨年、150株がイノシシの被害に遭って鑑賞できなくなっていた。

 そこで昨年10月に、新たに島根県から苗50を取り寄せ、寺の役員と協力して植えた。シシ除けのフェンスも設け、約30種、150株にまで回復した。

 今年は4月11日ごろに開花。赤や黄、ピンク色などの花が咲き誇る。昨年植えた株も花を付けている。

 渡辺住職(67)は「昔は5月の連休ごろに咲き始めていましたが、年々早くなっています。特に今年は早く、温暖化が影響しているのでは」と言う。

 見ごろはあと2、3日。渡辺住職は「密を避けて観賞してほしい」と話している。

 
写真=咲き誇るボタンの花

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。