福知山-綾部4車線に 舞鶴若狭自動車道

2021年03月24日 のニュース

26日午後4時供用開始

 西日本高速道路(ネクスコ西日本)が、舞鶴若狭自動車道で進めてきた福知山IC(インターチェンジ)-綾部ICの10・2キロ区間の4車線化工事が、26日に完成し、同日午後4時から供用開始される。

  災害時における迅速な交通確保や安全性の向上などを図るため、ネクスコ西日本は、福知山IC-舞鶴西IC間のうち、対面通行区間である14・9キロで4車線化事業に取り組んできた。

 福知山IC-綾部IC区間は、2016年に着工。約250億円をかけ工事した。綾部PA-舞鶴西IC間の4・7キロ区間は、先行して18年に完了している。

 舞若道は、中国自動車道吉川JCT(ジャンクション)=兵庫県三木市=から、兵庫県東部、京都府北部、福井県西部を経て、北陸自動車道の敦賀JCTまでの延長約162キロ。今回の工事完成で、吉川JCT-舞鶴西ICの約76キロが全て4車線となる。

写真上=吉川JCT-舞鶴西IC間が4車線となる

写真下=4車線化が完成する福知山IC-綾部IC区間

このエントリーをはてなブックマークに追加

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。