「麒麟がくる」番外編を放送して! 福知山の官民組織がネットで署名集め

2021年03月23日 のニュース

 京都府福知山市の官民連携組織・福知山光秀プロジェクト推進協議会は、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の番外編の実現に向けたオンライン署名活動をしている。2月26日から3月29日までで1千人を目標に掲げ、現在877人(23日正午時点)。残り1週間余りでラストスパートをかける。

 協議会は、大河放送に合わせて福知山光秀ミュージアムを開設するなどしてきた。組織は3月末で解散するが、最後の大仕事として番外編への署名を集めてNHK京都放送局に伝える計画を立てた。

 光秀役を演じた長谷川博己さんが「番外編で、またお会いできたらうれしいと思います」とのメッセージを発表していることもあって、協議会は期待を寄せている。

 署名は、オンライン署名サイト「Change.org」で受け付けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員募集

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。