緊急走行のパトカーが軽ワゴンに追突してガードレールに 国道9号

2021年03月19日 のニュース

 京都府福知山市三俣の国道9号で18日午後2時20分ごろ、男性巡査長(29)が運転する緊急走行中のパトカーが、前を走っていた軽ワゴン車に接触。その弾みでパトカーはガードレールに衝突した。けが人はいなかった。

 福知山署によると、パトカーが市内方面から三和町の火災現場へ向かう途中、サイレンに気付きセンターライン付近で右折するために停車していた軽ワゴン車を追い越そうとした際、軽ワゴン車の右後部にパトカーの左前部がぶつかったという。助手席には男性巡査部長(32)が同乗していた。

 同署は「緊急走行中とはいえ、一般車両を巻き込んだ事故を起こしたことは残念」としている。
 
 
写真=ガードレールに衝突したパトカー

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。