アサギマダラが民家に飛来 数千キロ旅するチョウ

2020年10月07日 のニュース

 数千キロを旅するチョウ「アサギマダラ」が、京都府福知山市かしの木台、朝子みどりさん宅の庭をこのほど訪れた。美しい模様の入った浅葱色(あさぎいろ=薄い青緑色)の羽を持った姿をしていて、朝子さんは「可愛らしい姿に、気持ちが癒やされました」と笑顔を見せた。

 アサギマダラは台湾や沖縄、本州などを、海を越えて渡るチョウとして知られる。春に南の島で生まれた個体が北へ移動し、秋に涼しい高原や北日本で生まれた個体が南へと移る。

 朝子さん宅の庭にはアサギマダラが好むフジバカマが育っており、その花の上で羽を休めていた2匹を見つけた。庭に来たのは初めてだといい、同じ頃にはツマグロヒョウモンチョウも来ていたという。

 朝子さんは「10年以上前に、国の準絶滅危惧種だと知り育て始めたフジバカマが、チョウの役に立って良かった。小さい体で数千キロも飛ぶ生命力に感動します。来年も来てくれればうれしいですね」と話していた。
 
 
写真=朝子さん宅の庭に来たアサギマダラ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。