市道132キロで白線引き直し 9300万かけ交通安全対策

2020年10月08日 のニュース

 京都府福知山市は、市道の多くで白線の引き直しを進めている。交通安全対策整備事業として今年度から4年計画で、175路線約132キロで実施。担当する道路河川課は、「これだけの箇所を一斉に行うのは初めて」という。

 白線が消えかかっている道路が多くみられることが、庁内や市議会などで取り上げられ、昨年度に計画を策定。中央線や路側帯を示す白線などの「区間線」を、総事業費9300万円で引き直している。工事は市外の専門業者が請け負っている。

 福知山駅から南方面に走る「駅南区画大通り線」や「福知山停車場鋳物師線」など、交通量が多い路線から取り掛かり、今年度分は8月中旬から10月6日までに作業を行い、41路線約36キロを終えた。

 市は「前倒しして進めているので3年で終わらせたい」と話している。

 このほか、市道の中央分離帯にある根上がりした街路樹を除去したりする。

 横断歩道や停止線などの道路標識が消えかかっている場合は、府公安委員会に情報提供するという。
 
 
写真=白線が引き直された駅南区画大通り線

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。