大きなクリの七つ子に、ビックリ 報恩寺で収穫

2020年09月28日 のニュース

 京都府福知山市報恩寺の畑で26日、1個のイガに実が7つ入った珍しいクリが見つかった。杉之下敏郎さん(67)=内記五丁目=が栽培しているもので、「“七つ子”を見るのは初めて」と驚いている。

 杉之下さんは妻の実家の畑を管理する人がいなくなったため、昨年から引き受けて、3カ所の畑でダイコンやニンジン、サツマイモなど約40種類の野菜を中心に自家用として育てている。

 畑にクリの木は4本あり、20日から収穫を始めた。通常はイガに実が2、3個入っているが、1つだけ大きなイガが落ちており、近づいてみると7つの実がぎっしりと詰まっていた。

 「昨年は顔の大きさほどのサツマイモにびっくりしましたが、今度はクリに驚かされました。来年も変わったものが収穫できるでしょうか」と笑顔を見せていた。
 
 
写真=クリの実がぎっしりと詰まったイガ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。