道の駅から地元作家16人の工房へ誘導 丹波おばあちゃんの里にギャラリー

2020年09月18日 のニュース

 兵庫県丹波市のゲートウェー(玄関口)、道の駅「丹波おばあちゃんの里」(丹波市春日町七日市)に、地元作家たちのギャラリーができた。19日にオープンする。

 ギャラリーはレストラン内に設けられ、木工や陶芸、染色、絵画など地元で活動する16人が、作品を展示する。来年3月末までの予定で、時間は午前9時30分から午後4時30分まで。土曜・日曜日と祝日には販売もする。

 おばあちゃんの里は、舞鶴若狭自動車道春日インターのすぐ横という好立地に加え、新鮮な農産物や加工品が集まるとあって、車で丹波市を訪れた人の多くが最初に立ち寄るゲートウェーになっている。

 ここにギャラリーを設けることで、丹波市内にいろんな作家がいることを知ってもらい、それぞれの工房を訪ねてもらうきっかけにとの狙い。

 事務局を務める丹波ものころネットワークの乾善弘さんは「道の駅を通じて、文化面でも地域を元気にするきっかけに」と意気込んでいる。
 
 
写真=レストラン内に設けられたギャラリー。作家たちが作品を並べた

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。