高齢化の生産組合からバトンタッチ 「はななみ」ブドウ甘く育つ

2020年08月28日 のニュース

 京都府福知山市瘤木(こぶのき)地区で栽培される「はななみぶどう」が収穫時期を迎えた。例年は9月中ごろから出回るが、今年はすでに甘く仕上がっており、9月1日から販売を始める。

 地区が古代山陰道にまつわる「花並みの里」と呼ばれていたことから名付けられた。品種は藤稔で、甘さと酸味のバランスがとれた大粒を売りにしている。

 ブドウ栽培事業は地元生産組合が担ってきたが、組合員の減少や高齢化などで存続を断念。縁あって2年前からブドウ作りを手伝う地区外の細合恵津子さん(49)が、今季から引き継いでいる。

 細合さんが個人事業主になって立ち上げた「はななみ」が活動の主力になり、元組合員らが協力する形で「はななみぶどう」を守っていく。

 ブドウ園は約50アールあり、現在の糖度は最大19度。収量は例年並みを期待して、販売期間は10日間から2週間程度を見込んでいる。

 販売所は、下天津の国道175号から大呂方面へ1キロほど入った右側の瘤木集落内にあるシイタケ乾燥場。販売期間中は、付近に場所を案内するのぼりを立てる。

 パック、箱入りなどを各日午前9時から販売し、当日分が売り切れ次第終了。持ち帰り用の袋などはなく、購入者側で持参するよう呼びかけている。
 
 
写真=今年も大粒でたわわに実る「はななみぶどう」

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。