大粒で甘み十分 人気の三和ぶどう、収穫始まる

2020年08月27日 のニュース

 大粒で甘みが濃いと人気を集める京都府福知山市の秋の味覚「三和ぶどう」が収穫期を迎えた。三和町大身地区の生産組合(細見義明組合長)では27日、たわわに実ったブドウをハサミで切り取り、箱に詰める作業を始めた。

 品種はマスカットベリーAで、「三和ぶどう」として約40年前に本格的に出荷を始めてから、大身と友渕の2地区で栽培が続いている。大身生産組合は、現在10戸が計70アールで栽培する。

 細見組合長によると、今年は長く続いた梅雨などが影響し、収穫量は平年よりもやや少ないが、1300箱以上の出荷を見込む。「甘みは十分」で、味は申し分ない出来だという。

 細見組合長らが手入れする畑では、5人が午前8時から収穫作業を始め、実を傷つけないように丁寧に切り、かごいっぱいに集めた。

 友渕地区では、長年続いた生産組合が3月に解散したが、地元有志たちが28日から出荷準備を進める。

 両地区のブドウは、31日午前9時から三和町千束のJAにのくに三和支店前で販売する。

 石材業の横田石材が運営する大身の丹波ほっこり農園(西村悦雄農場長)では、24日から収穫。25日から大身の国道9号沿いにある直売所と前田新町の本社で販売している。
 
 
写真=大きく実った三和ぶどうを収穫した(27日午前8時20分ごろ)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。