田んぼアートのクマにもマスク 夜久野の休耕田

2020年08月05日 のニュース

 京都府福知山市夜久野町大岶地区の休耕田で、恒例の田んぼアートの絵柄が浮かび始めた。今年は新型コロナウイルスの撲滅を願って、色違いの稲を植えて「マスクをしたクマ」をデザイン。眺める人たちを励ましている。

 田んぼアートは登山愛好家約50人で組織する居母山クラブ(飯尾恒洋会長)が、地域の活性化をめざして始め、今年で15年目。これまでUFO、明智光秀など、毎年楽しい絵を制作。クラブのトレードマークになっているクマは過去に3度描いたが、今年は感染予防にマスクをした異例の作品となった。

 キャンバスは飯尾会長が所有する約9アールの休耕田。今年は3密を避けるため、初めて一般参加を呼びかけず、6月7日に会員20人だけで苗の植え付けをした。ロープを張った下絵に沿って赤、黒、緑、黄色の古代米で絵を描き、上部に「ストップ」の文字も入れた。

 高台にある地元公民館前が展望スポット。飯尾会長は「来年は夢や希望をもてる楽しいデザインにしたい。一日も早いコロナの終息を願うばかりです」と話していた。今月下旬が見ごろ。9月中ごろまで楽しめる。


写真=新型コロナウイルスの撲滅を願ってマスクをしたクマ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。