夏季府高校野球 共栄がブロック優勝、福知山と成美は敗れる

2020年08月03日 のニュース

 夏季京都府高校野球ブロック大会で、福知山勢として勝ち進んでいた3校が1、2両日、各ブロックの決勝に挑んだ。Hブロックの京都共栄が、京都外大西をタイブレークの末にサヨナラで破って優勝。選手たちは勝負が決まった瞬間、「よっしゃー」と拳を突き上げ、ベンチを飛び出し、喜びを爆発させた。Cブロックの福知山は京都文教に、Gブロックの福知山成美は北稜にそれぞれ敗れ、涙をのんだ。

 大会は、新型コロナウイルスの影響で中止になった「全国高校野球選手権京都大会」の代替大会として、府高野連が開催。8ブロックに分かれ、トーナメントをしてブロック優勝を決めた。

 イニングは7回までで、ベンチ前で円陣を組んでの声出し禁止のほか、スタンドからの応援歌なども禁止され、いつもと違う環境だったが、どのチームも一丸となってプレー。2日に全日程が終了し、府内の球児たちの熱い夏が終わった。

 ▽2日・あやべ球場
京都外大西
 000 002 00=2
 100 100 01x=3
京都共栄
(延長タイブレーク)
 【外】河田、原-山下
 【共】遠藤-乾

 〇…無死一、二塁から始まるタイブレークの延長戦に突入し、外大西を0点に抑えて迎えた8回裏、1死満塁として打席に立ったのは5番乾。それまで3打席無安打だったが、4球目の直球を振りぬき、サヨナラの右前打を放った。

 共栄は1回裏、1番田中の右中間三塁打、3番中島の犠打で1点を先制。4回裏には6番間島の本塁打で1点を加えた。しかし、6回表に失策絡みで2点を返され、振り出しに戻った。好投を続けた共栄の左腕・遠藤は8回表も1死満塁から相手の主軸2人をしっかり抑えた。

【サヨナラ打の乾君】
 サヨナラ打を放った乾裕次郎君(3年)は「最後は思い切り振ろうと思っていました。最高の気分です」と笑顔。また失策絡みで、6回に2点を奪われたことについて、「点を取られても取り返す力があるチーム。楽しもうとみんなで話し、すぐに切り替えられた」と振り返った。


写真=サヨナラ勝ちを決め、喜びを爆発させる選手たち(共栄)

 ▽同
北稜
 004 230 2=11
 000 201 0=3
福知山成美
 【北】池田-山本
 【成】小林、山中、蘆田、前田-安岡、大島

 ▽1日・あやべ球場
福知山
 100 030 1=5
 001 062 x=9
京都文教
 【福】小石-高倉
 【京】中澤-竹内

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。