土用の丑に向けウナギ出荷準備に忙しく 由良川漁協

2020年07月20日 のニュース

 21日の「土用の丑の日」を前に、京都府福知山市内記一丁目、由良川漁業協同組合は市内の料理店、鮮魚店に卸すウナギの出荷準備に追われている。職員が身をさばいたり、かば焼き作りに励んでいる。

 漁協では静岡県・浜名湖産の養殖ウナギを取り寄せて、開いた身やかば焼きを飲食店などに卸している。18日から注文が増えており、作業は土用の丑の日の21日にかけてピークが続く。

 体長は平均40センチほどで、職員の井上正吏さん(54)が包丁を使い手際よく開いていく。18日からの4日間で、約1千匹を開き、かば焼きにもする。

 井上さんは「新型コロナウイルスの影響で、料理店に卸す数は、昨年より2、3割減っています。まだ暑くないので作業は楽ですが、暑い日が続くほうが、ウナギはよく売れます」と話している。
 
 
写真=次々とウナギが開かれていく

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。