大橋氏「自治会を歩いて回る」 市長再選から一夜明け決意新たに

2020年06月15日 のニュース

 福知山市長選挙から一夜明けた15日朝、再選を果たした大橋一夫氏(66)は北羽合の後援会事務所で会見を開き、1期目で進めてきた「持続可能な発展性のあるまちづくり」を基盤にして、2期目は「次のステップにつなげ、具現化する4年間に」と誓いを新たにした。

 AIやICTを活用して地域課題を解決する「スマートシティ構想」、福知山市民病院大江分院で遠隔医療の実証実験を開始すること、福知山公立大学や産業支援センターと連携した新たな起業の推進などに意欲を示し、「理解を得ながら進めたい」とした。

 「多くの市民の方から支援をいただき、当選させてもらいありがたい。責任の重さを改めて感じている」とし、相手候補からあった「現場の声が届かない」という指摘については、市長自ら市内の自治会を歩いて回る事業に取り組むという。

 争点のひとつとなった周辺部の地域振興については、「暮らしの利便性を高め、住み慣れた地域で住み続けたい人に対して、新しい生活交通のネットワークなど、できる限りの支援をしたい」と説明した。

 昨夜は睡眠3時間だったと言い、声をからして会見に臨んだ。


写真=2期目の抱負を述べる大橋氏(15日午前10時20分ごろ)

【編集部から】読者からの意見「市長に望む」を募集中です。投稿はこち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。