マスク姿で元気に登校 福知山市立小中学校で授業再開

2020年05月20日 のニュース

 京都府福知山市で、新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休校(園)になっていた市立小中学校、幼稚園が20日、再開した。園児、児童、生徒たちが元気に門をくぐった。再開は4月20日以来、約1カ月ぶり。

 北小谷ケ丘の桃映中学校(一色浩幸校長、230人)では午前8時前から、マスク姿の生徒たちが徒歩や自転車で次々と通学した。

 校門に一色校長ら教職員が立ち、生徒一人ひとりにあいさつすると、みんな「おはようございます」と元気に応えていた。

 各幼稚園と小、中学校では、22日までは午前中授業(保育)で、25日から通常授業(保育)。小中学校の給食は25日からとなる。

 桃映中では、各教室前に手指の消毒液を置き、室内の窓やドアを開放して換気。机の間隔を普段より空けて授業をしている。

 朝のホームルームでは担任が「再開はしたが、不安なことがあれば何でも言ってほしい」と呼びかけた。

 1年生の吉田天君は「休校中は宿題をしたり、自宅の庭で遊んだりしていました。久しぶりに友だちに会えてうれしい」と笑顔。

 同じ1年生の吉田美命さんは「小学6年生の3学期も(コロナの影響で)あまり勉強ができませんでした。これからは数学を頑張って勉強し、クラブ活動にも励みたい」と意気込んでいた。
 
 
写真=徒歩や自転車で通学する生徒たち(20日午前8時10分ごろ、桃映中)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。