連休明け導入を前に遠隔医学講座を試行 福知山公立大

2020年05月04日 のニュース

 福知山公立大学の岡本悦司教授(62)は1日、大型連休明けからのインターネットを活用したオンライン授業導入を前に、ビデオ会議アプリを使った遠隔医学講座を開いた。教員や学生約30人が参加し、新型コロナウイルスの終息をテーマに話した。

 岡本教授は地域経営学部の学部長で、公衆衛生学が専門の医師。新型コロナの影響で、公立大は前学期の授業開始を通常よりも1カ月延期し、7日以降の授業は対面では行わず、オンライン授業にする。

 自身と学生のオンライン授業の練習になればと、岡本教授は4月6日から医学講座をボランティアで始めた。全学生、教員に案内し、平日の毎朝15分ほど開催。テーマは新型コロナの感染予防や感染症の歴史、PCR検査の精度、初期症状など。

 最終日となった1日は、「いつ終息するのか」をテーマに話した。他国の感染状況を比べて終息時期を予測。感染者数の推移が日本は韓国と似ているとし、その傾向などから、日本では6月10日ごろが終息時期ではないかと考察した。

 ただ、その通りになるかは分からないとした上で、「少なくともコロナとの闘いは絶望的ではなく、成功している国がある。これからも大変だが、永久に続くわけではないんだと思うと、少しは慰めになる」と締めた。

 医学講座は留学生が中国から参加し、気になったことを質問するなど、オンライン授業の特性が生かされていた。
 
 
写真=オンライン授業で医学講座をする岡本教授

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。