マスク2万枚を福知山市に寄付 三恵観光

2020年05月01日 のニュース

 新型コロナウイルス感染拡大でマスクが不足していることを受け、京都府福知山市東堀の総合レジャー企業、三恵観光(杉本潤明社長)は、市に不織布マスク2万枚を寄付した。

 マスク不足解消のために寄付を決め、中国の取引会社から取り寄せた。

 三恵観光から杉本社長(45)ら3人が4月28日に市役所を訪れ、マスクが入った段ボール箱10箱を、田村雅之・新型コロナウイルス感染症対策室長に渡した。

 杉本社長は「今はマスクが足りず、みんなが不安な気持ちになっています。どこか足りない施設に配布してもらえればうれしい」と話していた。

 田村室長は「大変ありがたい。医療、福祉関係に配ることを考えています」と感謝していた。

 同社は京都市にもマスク2万枚を寄付する。
 
 
写真=マスクが入った段ボール箱を田村室長(左)に渡す杉本社長

Tweet
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。