オウムを肩に朝の散歩続けて20年 寺町の山田さん、一日12キロ

2020年05月30日 のニュース

 京都府福知山市内で、毎日のようにオウムを肩に乗せ散歩する男性がいる。オウムは肩の上でおとなしくしていて、すれ違う人たちの熱い視線も気にせず、飼い主との散歩を楽しんでいる。

男性は寺町在住の山田賢一さん(77)。オウムはキバタンという品種の雄で、名前は「ケンタロウ」と付けられている。今年3月で29歳になった。

山田さんが昭和町で食料品店を営んでいたころに、生後間もないキバタンを飼っていた来店客から、預かってほしいと頼まれ、自宅で育てるようになった。

ケンタロウと名付け、飼育していたが、くちばしで羽をむしる「毛引き」が見られるようになり、ストレスがあるのでは-と思い、約20年前から肩に乗せての散歩を始めた。

飛んでいかないように、羽はすいている。肩に乗っている時は山田さんの体の動きに合わせて、体勢を崩すことなく、途中で肩から降りようともしない。横を通るダンプカーや犬にも驚かずにじっとしている。

 その後、毛引きはストレスが原因ではないことが分かったが、自身の健康にもつながると、散歩を続けた。

散歩し始めた当初は、自宅から由良川沿いの堤防-奥野部の長安寺-大門を経て、奥榎原方面まで行って帰る約24キロのコースを歩いていたが、今は自宅から長安寺までの往復約12キロをコースとして、午前6時ごろから約2時間かけて散歩する。雨や雪の時は無理をせず歩かない。

ケンタロウを見て、興味を抱く人は多く、「まあ、かわいい」と写真を撮る人もいる。山田さんは毎日のようにケンタロウと散歩をしているせいか、ゴルフなどをしても疲れなくなったという。

「家にいる時も肩の上に乗ってきます。本当にかわいくて、これからも一緒に散歩を続けていきたい」と話している。


写真上=おとなしく肩の上に乗るケンタロウ
写真下=堤防上を散歩する山田さん

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。