乾燥、強風時の野焼きは危険 消防本部が注意呼びかけ

2020年04月28日 のニュース

 田植え準備が始まり、京都府福知山市内は農繁期を迎えつつある。そんな中で毎年起きるのがあぜ焼きなどによる火災。市消防本部は「今の時期は、空気が乾燥して強風が吹く日が多い時期なので、火災には十分に注意してほしい」と呼びかけている。

 市消防本部では「火災が発生しやすい条件の目安になる火災気象通報や乾燥、強風注意報が発令されていれば、あぜ焼きなどは絶対にやめてください」と注意を促す。

 野焼きは、農業活動に伴うやむを得ないものを除き、原則として法律で禁止されている。風向きによっては周囲に危険が及ぶことも考えられる

 25日には、午後2時30分ごろ日吉ケ丘の田で火災が発生し、約2245平方メートルにわたって田の法面などの枯れ草を焼き、出火から約1時間20分後に鎮火した。けが人はなかった。

 消防によると、田の所有者が枯れ草などを燃やしていたという。近隣の人から、田から火が出ていると通報があり、市消防団大正分団から積載車2台と19人、消防本部から車両6台、19人が出動して消火にあたった。

 当日は乾燥注意報が発表され、風も強く火災気象通報が出されていた。消防などが詳しい原因を調べている。
 
 
写真=日吉ケ丘の火災の現場の様子(読者提供)

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。