コロナに負けないぞとコイノボリ 中六福祉推進協

2020年04月26日 のニュース

 京都府福知山市下地の大内橋付近に、コイノボリ約30匹が揚げられている。子どもたちの健やかな成長を願い、中六人部地区福祉推進協議会(大槻良博会長)が取り組んでいるもので、22年目になる。今年は全国で感染拡大する新型コロナウイルスに負けないように、との願いも込める。

 コイノボリは地区の人から寄せられたもので、マゴイや子どものコイなどを、18日に推進協のメンバーが取り付けた。川の両岸に立てた高さ5メートルほどの竹にロープを張り、川の上を泳ぐような形で3列に揚げる。

 例年なら、地元の保育園児や福祉施設の利用者、地域の人が集まり、お披露目会を行うが感染防止のため今年は中止した。

 大槻会長(70)は「お披露目会ができなくて残念だが、新型コロナに打ち勝って、子どもたちにはすくすくと育ってほしい」と話している。

 5月6日まで揚げる予定。


写真=大内橋付近のコイノボリ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。