台風期前の稲刈りをと由良川沿いの大江で早くも田植え

2020年04月23日 のニュース

 由良川筋にある京都府福知山市大江町二箇上で、田植えが始まった。地区では秋の台風シーズンを避けて稲刈りができるよう、通常より早く田植えを始める農家がある。

 作業しているのは近くの杉下義春さん(70)。田は由良川沿いにあり、昔は5月に入ってから田植えをしていたが、近年は水害を避けるため、4月下旬にしている。

 今年は5枚の田んぼ計97アールで米作りをする。初日の22日は3枚の田にコシヒカリの苗を植えた。苗は3月31日にもみ種をまいて、ハウスで育てた。残りの2枚の田には23日に植える。

 杉下さんの田は2018年の7月豪雨で冠水被害に遭った。「台風シーズン前に稲刈りを終えたいと思っていますが、水害が起きないようにと願っています」と話している。
 
 
写真=田植え機に乗り作業する杉下さん

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。