重さ5キロ、胴回り60センチのタケノコ 30分かけ収穫

2020年04月15日 のニュース

 京都府福知山市瘤木、小笠原武男さん(81)方の竹やぶで、胴回り約60センチの大きなタケノコが収穫された。「妹が30分ほどかけて掘ったものです。抱えて持って帰ってきたタケノコがあまりにも大きいのでびっくりしました」と話している。

 タケノコは14日、妹ら3人が午前9時ごろから掘り始め、30~40本掘り上げた。そのなかの1本が胴回り、長さがともに60センチ、重さ5・5キロの大きなタケノコ。

 近年はイノシシやシカによる食害で、春の味覚になかなかありつけなかったが、暖冬で、しかも豊作と裏作のあるタケノコにとって今年は豊作の「当たり年」ということでたくさん収穫できている。

 それでも、獣害は少なからずあるといい、小笠原さんは「穂先から40センチ~50センチほどは地上に出ていたようです。イノシシやシカに見つからずに、よくこれだけ大きく成長したなと思います」と感心していた。 
 
 
写真=収穫された胴回り、長さともに60センチのタケノコ。もう1本は長さ30センチの通常のタケノコ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。