河川改修でコロニー減少 音無瀬橋上流の藪でサギが子育て

2020年04月12日 のニュース

 京都府福知山市内の由良川には、野生の鳥たちが安心できる数少ない場所がある。音無瀬橋上流左岸の雑木林、通称「明智藪」=蛇ケ端御藪=。毎年この時期になるとサギの仲間が営巣し、子育ての準備に取り掛かる。今年も上空では、親鳥たちが忙しく飛び回っている。

 藪は由良川と支流の法川との合流点付近にあり、多くの動植物が生息。サギの餌となる魚がいる川がすぐそばにあることから、昔から営巣地として知られる。

 生息しているのはダイサギ、コサギ、アオサギなどで、アユを食べるカワウの休み場にもなっている。

 サギの仲間は50~60羽いるとみられる。カラスなどの外敵からひなを守るために、見晴らしの良い藪のてっぺん付近で巣作りをする。

 巣は小枝などで最初から作るほか、前に作られた巣をそのまま使ったり、古い巣を補強する例もあるという。

 産卵は例年だと4月終わりごろから。府の緑の指導員で、野鳥やクマなどの保護活動をする森方徹さん(73)=堀=によると、今年は暖冬の影響でサギの動きが活発になり、すでに産卵が始まっていることも考えられるという。早いものでは5月下旬にひながかえると予測している。

 森方さんは「福知山市内では河川改修で木が伐採されている所が多く、サギのコロニー(集団営巣地)が残っているのはここぐらい。しかも、以前より面積が小さくなっているようで、サギの数は10年ほど前の半分くらいに減っています」と話している。
 

 
写真=藪の上を飛ぶサギ

【参照】「明智薮」の呼称について

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。