新型コロナ拡大で福知山お城まつり初の延期に

2020年03月07日 のニュース

 京都府福知山市の春の一大イベント、第33回福知山お城まつりが、延期されることが決まった。4月11、12両日に予定されていたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、延期に踏み切った。

 お城まつりは、まちのにぎわい創出を目的に、福知山商工会議所、福知山観光協会などでつくる実行委員会が主催。1950年に「商工観光祭」として始まり、「春の福知山鬼まつり」などを経て、福知山城天守閣が再建されたのを機に、1987年からお城まつりに名称変更された。

 近年は、各地のご当地キャラクターが大集合して盛り上げ、福知山踊りのパレードや食の祭典、ステージショーなどがあり、2日間で3万人ほどが訪れる人気のイベントとなっている。

 実行委は、5日に商工会議所で会合を開き、延期を正式決定した。お城まつりになってから、東日本大震災の発生で、全国のイベント自粛ムードを受けるなどして、中止したことは2度あったが、延期にするのは初めてとなる。

 実行委は「NHK大河ドラマで、福知山が観光面で盛り上がっており、楽しみにしている市民も多いイベントでもあるので、中止ではなく延期にさせていただきました。延期日は、感染症の状況をみて判断したい」という。
 
 
写真=ご当地キャラが大集合して盛り上がった昨年のお城まつり

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。