マスクで市議会 「傍聴はネットで」

2020年03月05日 のニュース

 新型コロナウイルス感染拡大防止で、京都府福知山市議会は、開会中の3月定例会に全議員がマスク着用で臨んでいる。市長ら理事者側にも協力を求め、4日の本会議場内は全員がマスクをして、今年度一般会計補正予算案など19議案の追加提案の説明や代表質問をした。

 2月27日の議会運営委員会で、理事者側を含め議会中のマスク着用を促す議会としての対応を決め、実践している。

 傍聴者にも張り紙やホームページでマスク着用などの対策を求めており、市議会事務局は「本会議や予算審査委員会の傍聴はインターネットライブ中継を利用してくだされば」と呼びかけている。
 
 
写真=マスク着用で議席に着く議員ら

Tweet

春の購読キャンペーン

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。