光秀もブル? 氷点下1・2度 福知山は1月下旬並み

2020年02月18日 のニュース

 冬型の気圧配置が強まった18日朝、京都府福知山市では最低気温が氷点下1・2度を記録し、1月下旬並みの寒さとなった。この時期としては平年より1・1度低い。市内は未明から降り続いた雪に覆われ、滑らないよう慎重に歩道を歩く人の姿が見られた。

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀が築き連日多くの観光客でにぎわう福知山城も、白く雪をかぶり、訪れた人たちは寒そうにマフラーをかき寄せていた。

 府によると、午前8時現在の各地の積雪量は、雲原が17センチ、大江町仏性寺16センチ、登尾15センチ。篠尾などの市街地では8センチ前後の積雪があった。

 福知山署によると、通勤時間帯に7件の物損事故が発生し、中にはスリップが原因とみられる事故も複数あったという。

 気象庁によると、府北部は夕方まで雪や雨が降る見込みで、19日はおおむね曇る。
 
 
写真=雪化粧した福知山城(18日午前)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。