市街地に今冬初の積雪 山間部では30センチ超える

2020年02月06日 のニュース

 冬型の気圧配置が強まった影響で、京都府福知山市は6日朝、ほぼ全域で雪が積もった。市街地の篠尾で午前8時に5センチ積もるなど、平野部では今冬初の積雪。はしゃぐ子どもたちや雪かきをする市民らの姿が見られた。

 気象庁や京都府の観測によると、午前11時時点の積雪は山間部の雲原で31センチ、大江町佛性寺で29センチ、登尾で28センチ、夜久野町今里で27センチを記録。最低気温は午前7時45分に氷点下0・8度で、ほぼ平年並みだった。

 大江町は、朝には一面雪景色となり、道路もタイヤの跡以外は雪が積もっているところがあった。出勤前に車に積もった雪を落とす姿も見られた。
 時折激しく降ることもあり、白一色の景色の中を京都丹後鉄道(丹鉄)の列車が、降る雪をはねのけ、力強く走っていた。

 
写真=降る雪をはねのけて走る丹鉄の列車(6日午前7時25分ごろ、大江町公庄で)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。