センター試験控え絵馬奉納して士気高める 京都共栄学園高校

2020年01月18日 のニュース


 大学入試センター試験を控えた京都府福知山市東羽合、京都共栄学園高校(國田敦校長)で進学激励会が16日開れた。受験生62人が参加。合格にちなんだ五角形の大型絵馬に決意を書き、國田校長や先生たちから激励の言葉を受けて士気を高めた。

 毎年、受験生の一体感をつくり、意識を高めようと開いている。

 受験での注意事項などの確認後に國田校長が、「自信が持てなくても、全国の高校生のほとんどは同じ気持ち。本番は緊張するもので、適度の緊張は集中につながります。体調を整えて普段通り挑んでください。心から応援しています」と激励した。

 このあと、安田直喜君、松家瑞君、金下恒大君が生徒を代表し、それぞれ誓いの言葉を述べ、金下君は「本番は緊張すると思うけど、これまでの努力を信じてやれば志望校に届く。全員で力を合わせて頑張ります」と宣誓。3人で大阪府箕面市の勝尾寺の必勝達磨に目を描いた。

 最後に、中学時の担任ら先生たちの応援ムービーが披露され、生徒たちを勇気づけた。

 激励会後には、「第一志望合格」「平常心」「現役合格」などと書かれた絵馬を宮津市の元伊勢籠神社に奉納した。
 
 
写真=大型絵馬に決意を書き込んだ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«1月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。