朽木家中心に歴代城主20人の資料展示 福知山城天守閣

2020年01月24日 のニュース

 京都府福知山市内記一丁目の福知山城天守閣2階で、朽木氏を中心とした歴代城主20人の、ゆかりの資料を並べている。城で収蔵していたもので、約8割の展示物が初公開という。

福知山城主は、明智光秀を初代とし、9代から21代までは朽木氏が務めた。

1階では城を築いた明智光秀についての資料を多数掲示。2階は光秀の死後に城主を務めた20人を紹介する展示パネルや、城で販売する御城印に「福智山城」と記す基となった古文書など、貴重な約60点を見ることができる。

画力にたけた14代朽木綱貞が描いたトドの絵、蘭学や古銭の研究者であった「蘭学大名」16代朽木昌綱が出版した本など、歴代城主の横顔を知ることができ、来館者が足を止めている。

また、江戸時代の歴代藩主の位階・任官にかかわる古文書一式が、朽木氏13代分に関しほぼ残っていることは珍しく、今回はその一部を展示している。

このほか、9代稙昌から昌綱までの実名の読み方をまとめた史料や、朽木氏の前の城主、松平忠房が選定した福知山十景(大江山、由良川など)に稙昌が詠んだ和歌十首を添えたものを、綱貞が写した資料もある。


写真=初公開の資料が並ぶ

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«1月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。