「麒麟がくる」のロゴ入り卵販売 グリーンファームソーゴ

2019年12月30日 のニュース

 京都府福知山市大江町三河の大型採卵鶏農場、有限会社グリーンファームソーゴ(阿部勝之社長)は、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」のタイトルロゴが入った卵パックの出荷・販売を始めた。

 「麒麟がくる」は、福知山ゆかりの明智光秀が、主人公として描かれることから、商品を通して福知山への関心を高めるきっかけになれば-との思いで企画。NHKエンタープライズの許可を得て、販売することにした。

 タイトルロゴを入れたのは、関東圏のスーパーにも並ぶ「卵どすえ」と、関西圏を中心に販売する「鬼の卵」。23日から出荷開始した。

 同社は農場HACCP認証とJGAP認証を取得していて、6月のG20大阪サミットにも食材提供。ロゴ入り卵については「大河ドラマでまちの盛り上げに向け、官民が一丸となって取り組んでいるなか、機運を高める一助になればうれしい」としている。
 
 
写真=「麒麟がくる」のタイトルロゴ入り卵パック

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«12月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。