光秀祭る御霊神社で本能寺の詩碑清掃 牧水吟詠会

2019年12月29日 のニュース

 詩吟の吟道賀堂流牧水吟詠会(西田賀公亮会長)は、明智光秀を祭る京都府福知山市中ノ、御霊神社境内に建つ「本能寺の詩碑」の清掃をした。新年を迎えるため、ブラシで磨き、石碑に生えたコケなどを取り除いてきれいにした。

 石碑は、賀堂流宗範の牧賀公さんの遺徳をしのび、光秀の霊を鎮めるため、御霊神社創建290年と牧水吟詠会の30周年記念が重なった1994年に建立した。

 碑には、光秀が1582年に織田信長を本能寺で討った史実を江戸時代の漢詩人、頼山陽が詠んだ「本能寺」の漢詩が記されている。

 清掃は毎年、この時期にしている。今年は24日に会員5人が参加した。小雨がぱらつく中、洗剤を使い碑の表面などをブラシでこすって、汚れを落とした。周囲の落ち葉なども取り除き、一帯をきれいにした。


写真=石碑を磨く会員たち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«12月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。