きれいな街をプレゼント 共栄中野球部員がサンタ姿で清掃

2019年12月16日 のニュース

 京都府福知山市東羽合、京都共栄学園中学校(國田敦校長)の野球部員らが15日朝、JR福知山駅周辺で清掃奉仕活動に取り組んだ。部員たちは真っ赤な帽子をかぶり、サンタクロースに扮してごみを拾って回った。

 全国各地で12月に行われる「クリスマスごみ拾い」に賛同しての活動。福知山では、但馬地方の教諭らでつくる「但馬掃除に学ぶ会」に所属する共栄中野球部顧問の松田卓也教諭(49)が責任者となり、毎年続けている。今年で6回目となる。

 部員やOB、保護者ら約20人が参加。駅南口のSL広場に集合したあと、周辺を歩き、ごみを拾った。

 たばこの吸い殻や空き缶などが目立ち、可燃、不燃、缶・瓶などに分けながら集めていった。

 野球部副主将の嶋津康太君(1年)は「大きなごみは落ちていませんでしたが、きれいになり、すっきりしてよかった」と話していた。
 
 
写真=柵に挟まった空き缶を取り除く野球部員たち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«12月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。