日が差す「立冬」、季節が足踏み 最低気温は10月下旬並み

2019年11月08日 のニュース

 二十四節気の一つ「立冬」の8日、京都府福知山市の朝の最低気温は9・9度(6時50分)で、前日より3度、平年より2・3度高く、10月下旬並みとなった。暦の上では冬の始まりとされるが、通学・通勤時間帯は日が差し、冬が幾分足踏みしたような気候となった。

 市街地のイチョウは緑色の葉が目立つが、上豊富小学校(桐村恵美校長、99人)=畑中=のグラウンドにあるイチョウはすっかり色付いていて、児童たちがイチョウのそばにあるうんていで元気よく遊んでいた。

 気象庁によると、今後1週間の府北部の最低気温は平年並みか平年より高いと見られ、湿った空気の影響で11日は天気が崩れると予想している。
 
 
写真=色付くイチョウのそばで児童たちの遊ぶ姿が見られた(8日午前8時10分ごろ、上豊富小で)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«11月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。