早く食べたい! 駅前満たした肉焼く匂い-福知山まちなかフェス

2019年10月28日 のニュース

 京都府福知山市の中心市街地の魅力を発信する「福知山まちなかフェスティバル」が、27日に開かれた。福知山駅北口公園や広小路通りの市商工会館など、昨年より1会場多い8会場で、市が集客戦略に掲げる「肉」「鉄道」などをPRする盛りだくさんのイベントがあった。小雨が一時降ったものの、ほぼ好天に恵まれ、子どもから大人まで存分に楽しませた。

 福知山駅北口公園では昨年も好評だった「ふくちやまMEET×MEATフェスティバル」があった。

 市内を中心に約30店がブースを構え、牛や豚、鶏、ジビエなどを使った自慢の肉料理を販売。開会時間になるとともに来場者は列をつくり、できたてを味わった。

 一帯には肉の焼ける匂いが漂い、「めちゃおいしそう」「早く食べたい」との声が飛び交っていた。地元出身のミシュラン一つ星レストランのオーナーシェフ、杉本敬三さんの限定メニュー「京地鶏のでっかいハムソーセージ」も限定販売された。

 まちなかフェスは19団体で作る実行委員会(堀一会長)が主体になって開いた。イベントを同時開催することでの相乗効果を狙い、まちなか回遊性の向上を図り、まちのにぎわいを生み出そうと計画した。両丹日日新聞社など特別協賛。
 
 
写真=鉄板で調理される肉料理(駅北口公園)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«10月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。