苦労の結晶・新米を出荷 佐賀を皮切りに等級検査始まる

2019年09月11日 のニュース

 実りの秋がやってきた。JA京都福知山支店管内のトップを切って10日、京都府福知山市報恩寺の佐賀ライスセンターで、令和元年産の新米等級検査があった。佐賀地区と雀部地区(一部)から持ち込まれた米を農産物検査員らが調べた。

  センターには朝早くから苦労の結晶である新米を積んだトラックが到着し、約2千袋(1袋30キロ)が持ち込まれた。

等級検査は午前8時30分から始まった。JAや近畿農政局の検査員5人が、農家ごとに積み上げられた米袋から無作為に選び、抜き取った玄米の品質、含水率、病害虫の有無などを調べて1等米から3等米までに分けた。

出荷農家も検査の様子を見守り、一等米のハンコが押されると顔をほころばせていた。

等級検査は管内の集荷施設などで10月16日まで続く。7割をコシヒカリが占め、これからキヌヒカリや京の輝きなども加わるという。約3万3千袋の出荷を見込んでいる。


写真=出荷農家が見守る中、農産物検査員が新米の等級を調べた

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。