大嘗祭に向け奉祝田で抜穂祭 「主基」池部など市内3カ所

2019年09月10日 のニュース

 新天皇即位に伴う祭祀、大嘗祭で使われる米の生産地「主基(すき)」に、京都府が選ばれ、府神社庁は府内25カ所を奉祝田に定め、清めの儀式を執り行っている。9日には儀式の一つの抜穂(ぬきほ)祭が福知山市池部の田で営まれた。

 神社庁は大嘗祭に使う米を提供する「斎田」に、府内のどの田が選ばれても良いよう、奉祝田での儀式を通じて府内すべての田を清めるという。市内では福知山支部、旧加佐郡の加佐支部、大原神社の3カ所が奉祝田となっている。

 福知山支部では中の庵我神社(絹川明夫宮司)が、池部の農家・植村和昭さんの田で7月に清祓会(きよはらえ)をしたのに続き、抜穂祭を営んだ。

 神社役員、地元の人ら約40人が参加。絹川宮司が祝詞を奏上したあと、黄金色の穂を垂らす稲を刈り取って祭壇に供えた。

 加佐支部では13日、大原神社では10月5日に同様の抜穂祭がそれぞれ営まれる。

 刈り取った稲は11月22日に府神社庁が京都市内で開く「大嘗祭奉祝祭」で供えられる。
 
 
写真=刈り取った稲穂を祭壇に移動する絹川宮司ら

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。