全国高校女子野球:成美の決勝進出ならず またも履正社の壁

2019年08月01日 のニュース

 第23回全国高校女子硬式野球選手権大会は6日目の1日、兵庫県丹波市のスポーツピアいちじまで準決勝が行われている。京都府の福知山成美は、第1試合(午前9時54分開始)で、これまで2大会連続で惜敗している履正社と対戦したが、延長の末にまたしても敗れ、その壁を越えられなかった。

履正社
 00200001=3
 00020000=2
福知山成美
     (延長8回)
 【履】安武、廣瀬-柳瀬
 【福】左川-神野

 〇…2点を追う成美は4回裏、1死満塁から7番山中の左二塁打で試合を振り出しに戻し、試合はそのまま延長にもつれこんだ。8回表に勝ち越しを許し、その裏に1死三塁と攻めたが、得点できず涙をのんだ。

 成美は、ここまでの3試合をいずれも完投した主戦左川が連投。毎回のように走者を背負う中で粘投を見せた。最後は履正社に屈したが、この試合も最後まで一人で投げ切った。
 
 
写真=強豪・履正社に立ち向かう成美の左川投手

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。