高校野球京都:共栄が峰山破り4強

2019年07月24日 のニュース

 全国高校野球選手権京都大会は24日、準々決勝2試合が行われている。第2試合は北部勢対決となり、京都共栄が峰山を3-0で破り、2015年以来の4強入りした。

峰山
000 000 000=0
000 003 00x=3
京都共栄

 双方好機を作るが、あと一本が続かず無得点で後半戦に。
 
 均衡を破ったのは共栄! 6回裏、先頭の山本が死球で出塁し、犠打と3番大槻の左前安打で1死一三塁の好機を作り、4番岡田の内野ゴロの間に1点先制。牽制悪送球で更に1点! 5番山田が死球で出塁し、6番正木のバントヒットで二塁走者が一気に生還して、この回3点を奪った。
 
 投げては永川が要所を締めて5安打完封。
 (速報は公式記録と異なる場合があります)


写真=6回裏、山本が生還して先制

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。