空き缶回収益を福知山城保全に寄付 桃映中生徒会

2019年06月16日 のニュース

 京都府福知山市北小谷ケ丘の桃映中学校生徒会は14日、福知山城天守閣を訪れ、5月に取り組んだアルミ缶回収で得た収益を「福知山城の保全のために使って」と、駿河禎克館長に手渡した。

 長年アルミ缶回収に取り組み、収益を全国の被災地のほか、地元などへも寄付している。今年度は生徒会が「ふるさと福知山、そして桃映大好きプロジェクト」を立ち上げて活動をしており、今回の寄贈もその一環。

 空き缶の回収は5月27日から30日まで取り組み、生徒の家庭や地域に協力を呼びかけた。各自治会には、同校コンピューター部と大江高校生がそれぞれ作ったポスターを配布して広報に努め、校区内の堀会館、庵我児童館、堀児童館にも回収場所を設置した。

 その結果、目標の2万個を超える2万2758個が集まり、収益は3万1104円になった。

 城内で開かれた贈呈式には、生徒会の籠谷芽ルモ会長、副会長の山本亮太君と滝本彩華さん、役員の新宮湖雪さんと大西陽菜さん、環境委員長の栗林実夢さんが参加した。

 籠谷会長が「来年のNHK大河ドラマで明智光秀が取り上げられます。その光秀にゆかりのあるお城の保全への力になりたいと思い、全校と地域で協力してアルミ缶を回収しました。ぜひ役立ててください」とあいさつし、山本副会長が収益金の入った封筒を駿河館長へ手渡した。

 駿河館長は「大変ありがたく思っています。気持ちがうれしいです。協力して頂いたみなさんによろしくお伝えください」と感謝を述べた。最後に、生徒たちは駿河館長の案内で城内を見学した。

 寄付金は、福知山市の福知山城天守閣整備基金に加えられる。

 

写真=駿河館長(左)に収益金を手渡す山本副会長(中央)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。