水害に備えポンプ車排水訓練 土師川で福知山市

2019年06月12日 のニュース

 京都府福知山市は11日、土師宮町の由良川と土師川の合流点付近で、市が所有する排水ポンプ車全3台の排水訓練をした。ホースなどの接続、水中ポンプの操作手順などを確認し、万が一の水害に備えた。

  出水期を迎え、豪雨などで内水被害の発生が想定される際、的確な作業で迅速に排水が開始できるようにと実践的な訓練を行い、上下水道部と建設交通部の職員ら30人ほどが参加した。

 荒河の福知山終末処理場に配備する2台、市役所大江支所に配備の1台を使用。排水能力は、それぞれ毎分最大30トンで、雨水排水路から土師川へ排水が開始されると、勢いよく水が噴出した。

 市は「排水ポンプ車なども活用して、安全を確保できるようにしたい。市民のみなさんにも、早期の避難など、自助の部分をお願いしたい」としている。

 

写真=ポンプ車3台が勢いよく水を排出した

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。